CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< 午睡 | TOP | 山陰の旅その3 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
peace maker


久しぶりに会った彼女は相変わらずで、ピッカピッカと光ってみえた。
長いようでアッいう間の1年間、東ティモールという地で過ごした相棒が、帰ってきた。

絡まった記憶の糸を解きほぐす様に、言葉を選んで喋る彼女は、
何度も、“本当に行ってよかった”と呟いた。

揉まれて、傷ついて、泣いて、また立ち上がって、
そうやって自分のみてきたこと、してきたこと、出会ってきた人々のことを、
少しでも多くの人に伝えていきたい、と彼女は言った。

聞けばなんとなく、なんとなーく、想像できるような世界や話も、
その荒波に飛び込んでみないと理解し得ないことがこの世には溢れていて、
やっぱすごいわ、って普通に尊敬する。

よりよく生きていくための、わたしたちは“ピースメーカー”なんやと彼女は言った。
それは、どんな場所にいてもそうあれるものやって。
そんな言葉を、よく理解できる気がする。

勇気や、踏み出す一歩や、素直に言える言葉をきっと誰もが持っていて、
そうして“世界はそんなに、クソッタレじゃない”と思えたりする。

再会は、当たり前の日常のような瞬間やったけど、
溌剌とした表情にたくましさがみてとれた。

話聞いてたら胸いっぱいで、気の利いた何も言えなかったけど、
また声を聞かせて、おかえり相棒よ。




posted by | 00:03 | 芙蓉のひと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 00:03 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/92
トラックバック