CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< より多くの感動を | TOP | 桜の頃 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
縁あって
友人が「会って欲しい人がいるねん〜」とくれたきっかけで、新たな出会い。

「普段からこんな話ばっかりしてるわけじゃないねんでー」って言いながら、

彼は教育に対する熱い思いや、活動の話を、ほんの一部なんやろうけど聞かせてくれた。


何よりも刺激になったのは、彼のポジティブさ。

自分が‘義憤’を感じることに対して追求する姿勢と行動力。

わくわく。楽しむ心。


与えられた環境の中でどれだけ自分が成長できるか、は自分次第やと思う。

何かをしなければならない とか これをやりなさいよー なんて言ってくれる人はいない。

生かすも殺すも、全ては自分次第。

大学3年目にして今更、そんなことを思う。


気持ちと体が一致しない、これはあたしが大学生活で抱えてきた一番の悩み。

どれだけの気持ちと環境があっても、体がついてこないという事実。

諦めたり、妥協したり、くやしい思いをすることも多かった。

そうしてあたしは、ついネガティブ思考に陥る癖がある。

だけどそうやって言い訳するのも自分、

そこでふんばるのも自分なんやな。


いくら雄弁をふるっても、行動が伴ってなければ説得力はない。

逆境においてこそやりがいを感じられると言った彼のように、

あたしも向上心を持って進んでいきたいと思った。

う〜ん、今日は楽しかった。

とっても刺激を受けたよ。
posted by | 04:12 | 芙蓉のひと | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 04:12 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/26
トラックバック