CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< 選択 | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ハナレグミ。
友達にお誘いうけて、ハナレグミのTOUR "オアシス"@梅田芸術劇場へ
ソウルフルでパワフルな歌声と 奏でられるギターの音色、
引き込まれた2時間強のステージは、あっという間だった。

最新のアルバム曲ではないのだけれど、印象に残った「光と影」という曲のこと。
you tube で何度か聴いていたんだけれど、

"光の先の闇を見に行こう"

という、孤独と対峙するようなそのフレーズがとても心に響いて。

当時、秋葉原の事件があったり、
SUPER BUTTER DOG の解散が決まったりして、という状況の中で、
"今を切り抜けるためには 闇を見つめ続けること が必要なのだ"
という思いを、自分に対して歌ったのだということを後で、知った。
闇の向こうに光があると 力強く信じる想いも。

MCで震災のことを話していて、それはとても象徴的で、
ああ、「今」や「社会」や「自分」や、それらを写すものが、
ミュージシャンにとって音楽なんだなと改めて、思った。

様々な場所で 様々なひとが 痛みを抱き 時に途方に暮れ、
そこから感じたり 新しく発見したりしながら 進んでいるんだな。

ああ、 いつになれば思い出は、 泣かずに言葉にできる日がくるんだろう?
なんてただただ、ため息が出るような気持ちになったり。

表現される "アーティスト" 永積タカシとそのバンドの奏でる音楽に、
これだけ多くの人が集まり、何かを受け取ったり、感じたり、共鳴したりしている。
そのことにもただ純粋に感動した。

胸いっぱい。

ちょうど聴きたい!と思ったタイミングでまだまだ知らないハナレグミ。
タイトルもわからない、なのに心打つ音楽がそこにはあって。


あー 何だか今日は、やたら涙もろくてたまらない。


 

 あの日僕ら ケモノみたいに抱き合った
 玄関閉め キスして 孤独をぶつけて 火の玉になった
 その先に痛みがあろうと
 不安で胸が張り裂けようと
 今を薄めたくなんてなかった 深く刻みたいと思った

 いつだって その輝きに
 真っすぐに 熱くなれたら
 なんにだってなれるぜ どこへだって行けるんだぜ

 だれでもない どこにもないぜ
 君だけの光と影
 光の先の闇を見に行こう
 光と影


 光と影/ハナレグミ


posted by ばなななセブン | 01:21 | 花鳥風月・今日という日 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 01:21 | - | - | - |
コメント
うち「家族の風景」ださはったころからかなり好き☆
光と影もいいよね。
よくテレビのBGMにハナレグミの曲使われるけどそれ聞いただけで
心がジーンとなること多いわ☆
2012/02/29 17:18 by ともみ
コメントありがとー (*^^*)
知実も好きやったんやー!
なんやろうね、あの魂揺さぶられる感じ。
私ライブ中何度も泣いてしまって。
アーティスティックなものに触れるいい時間やったわぁ☆
家族の風景も改めてじっくり聴いてみるわ!
2012/02/29 20:39 by Kayo
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/201
トラックバック