CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< モフモフキャンプ in 志摩 〜海と、夕陽と、伊勢えびと〜 | TOP | 金曜のシャングリラ♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
中央アルプス 〜木曽駒ヶ岳、宝剣岳へ〜



“地球はやっぱり丸いんやな、ここが一番高いように感じるもんなぁ”

中央アルプス最高峰は、木曽駒ヶ岳(2,956m)
日の出前の山頂に立ち、360度の雲海と、南アルプスの山々、
そのまた向こうに富士山を臨み、父親が隣でそうつぶやいた。

富士山、北岳(南ア)、奥穂高(北ア)と、今年ついに日本三大高峰をやり遂げた両親と、
日本アルプス自体が初めての私。
山にハマるきっかけとなった両親と、2年ぶりの山行き。









長野県、中央アルプス=別名 木曽山脈へは車で約5時間ほど。
日本一高いロープウェー(たった7分!)の駅へ降り立つと、もうこの絶景が待っている。

秋の、千畳敷カール
雲海の向こうにその頂を見せる南アルプスの山々
中央アルプスの稜線は花崗岩ばかりで、青い空に突き抜ける岩肌が猛々しい
私やっぱり、なだらかな山よりとんがった山が好きみたい 笑





どこへカメラを向けても絶景
足を運んだ者だけに、自然が見せてくれる表情



先日見た映画「127時間」を思い出させた巨岩や、



今年の目標、“衣食住を背負うテント泊登山”への思いを募らせる、イロトリドリのテントたち



寒すぎる10月の中央アルプスで、温かい紅茶と焼きたてのパンでランチタイム



木曽駒ヶ岳の山頂は、見渡す限りの大パノラマだった



雲海の向こうには富士山



山頂にはたくさんのケルンも・・・





山小屋泊は、富士山に続いて今年2度目だけど、
頂上木曽小屋は布団も一人一組の割り当てがあって、ご飯もおかわり自由。
夜、まさかの暖房ナシをのぞけば、とても快適だった。



西側に面した山小屋を出ると、ため息の出るような美しい夕陽



2日目は宝剣岳(2,931m)へ

宝剣岳への道のりは、岩場、鎖場が続き、
高さ5m程の先端が尖った巨石が、シンボル的な存在感を放っている山頂は、
一人か二人がようやく立つことのできる程度。

360度の大パノラマ、本日も晴天なり
ご来光には恵まれなかったけれど、好天の山行きは最高に気持ちが良かった。

時間があれば、千畳敷から周回する登山道で、
木曽山脈の稜線上を縦走したかったのだけれど、またそれは次の機会にすることに。


思えば高校に上がると同時に家を出たので、
もうひとりで過ごしてきた時間のほうが長くなりつつある。
大学も留学も仕事も、すべてやりたいまま自由にやらせてくれた両親。
いつもただ、信じて見守ってくれている彼らに
やっぱりこの先はきちんと恩返ししていけたらいいなって思う。

迷いながらも、新しいスタートを切れそうな節目の10月。

美しい山々の風景の中で、そんな近況報告もしながら、
同じ「山」という世界に魅せられこうして今、共に歩いている不思議を想った。

自然に抱かれて生きてゆくことを決めた彼らの血を、
多分私もひいてるんだろうなぁ。

山、最高!ありがとう、中央アルプスの旅路






posted by ばなななセブン | 10:37 | ヤマのハナシ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 10:37 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/196
トラックバック