CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< The Best of 2010 | TOP | いまできること >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
持たない暮らしと捨てられぬモノ
シンプルに、「持たない暮らし」をできるだけしたい。
結構いつも、そう思っている。
生きていくうえで本当に必要なものは、そう多くないと思っているから。

部屋のもよう替えをした

自分では割と、 “捨て魔” と思っていて、家にはそんなにモノがないつもりだけど、
やっぱり生活する中でモノは増えていく。
でもできるだけモノを増やさないために衝動買いはせず、
定期的に掃除して長い間眠っているようなものは思い切って捨てたり、使ってくれる人に渡るように心がけている。
好きな本だって、本棚に置くのはかなりの愛読書か勉強ものだけ。

贈り物は、後生大事にとっておくより使いたい。
ある時、大きな決意をして旅に出る友人に、別の友人が手づくりのアクセサりーを贈った。
「もったいなくて使えない」
と言った彼女に、彼はこう言った。
「いつかぼろぼろになって壊れたり、失っても、それはそのときが寿命だってことだから」
使ってくれた方が嬉しい、という気持ちが素敵だと思ったから、
それ以来私も、贈られた物は大切に使うことにしている。

部屋を整理しながら気づいた。
何度掃除しても、私にとって捨てられないものは、
かつて日本を飛び出して訪れたドイツやヨーロッパでの思い出だ。
訪れた町を記し、歩いた道をなぞってボロボロになった地図や、
知り合った友人にもらったお守り、旅歩いた友とお揃いで買ったブレスレット、
とても気に入って使っていたマグカップも、欠けてなお捨てられずにいる。
パリでデジカメを盗られた私。
写真というカタチに残っていなくても、あんなことがあったこんなことがあったと思い出せる。

だけどそれらを見るとより深く細部まで、慣れぬ土地で奮闘したことを思い出す。
目に映る世界を吸収しようと、ひたむきだった自分を思い出す。

少し前、ある人に、「学生時代に海外行くなんて早いねん」と言われたことを思い出した。
何を言われたのかわからなくなるくらいショックで、そのとき私は何も言い返せなかった。
そんなことを言われたと、友人にすら長い間打ち明けることができなかった。
自分のことを理解して欲しい、理解してくれると思っていた人だったから。

だけど改めて思う。

あの旅に出た一年が、私の原点だった。
だから幾度となく舞い戻り、今の自分を見つめなおし、噛み砕いてはこの身にしみこませていく。

去年見た映画の中に、印象的な作品があった。
“マイレージ・マイライフ”
1年に322日出張生活を送る主人公(ジョージ・クルーニー)の人生哲学は、
バックパックに入りきらない荷物は背負わないこと。
面倒な人間関係は持たず、ドライに生きることはできるかもしれない。
でも彼が気づいていくように、人生は、バックパックに入りきらない捨てられぬものが増えていくようにできている。
捨てられぬものがあるというのは、幸せだとも思う。
映画はとても淡々と進み、割とシニカルな展開なんだけど、そんなことを感じた。

いつか朽ち、果てるものと知っていても、捨てられず、忘れないこともある。
持たない暮らし と 捨てられぬもの。
きれいになった新しい部屋に佇み、そんなことを考えている。


posted by ばなななセブン | 21:47 | おぼえがき | comments(6) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:47 | - | - | - |
コメント
「持たない暮らし」
私も心がけたいものだけど・・・増える一方(笑)

“マイレージ・マイライフ” 気になるなぁ、今度見てみるっっ♪
確かにドイツに行ってる間、スーツケース1つとちょっとの荷物で普通に生活ってできてしまうんだなと思ったょ。そう考えると今あるこの物の量は一体なんなんだと。
掃除をして必要なものだけ自分の元に残すという作業をしてると、少しずつ自分にとって本当に大事なものが見えてくる気がするよね。

あぁ、私も部屋の掃除しよ〜っと。
2011/03/07 13:56 by mahateho
萌ちゃん☆

萌ちゃんの言葉と同じこと、私も思ったー
重くても捨てられないものや、大切なものを見失わないように、
モノを整理しながら心を洗う作業も、忙しい日々の合間に必要なのかなって思う。

といいつつ、物欲はまだ捨てきれない自分もいたりして・・・笑

映画、見てみてー(*'-'*)
Happy!というのとは違う余韻を感じたよ。
2011/03/08 06:47 by ばなななセブン
めっちゃ共感!

わたしもホントに必要なものしか周りにおかないように
努力してるとこ。でも、全然できてないけど・・・

最近ドミニック・ホールの『シンプルに生きる』っていう本を読んでるんだけど、おすすめだよ。

究極のわたしの理想は「引っ越しが翌日に出来ること」(笑)
それくらいのものの多さで充分かなって思うしね。

2011/03/08 18:45 by ぴ
ぴでこ☆

ものはともかく 笑、すぐに身動きとれるような気持ちでいたいね。
必要なものを見極められる心、執着しない心を育てたいなぁ。

本、読んでみる〜♪( ´▽`)
ありがとう。嬉しい。
2011/03/08 21:23 by ばなななセブン
すばらしい。

なにが すばらしいて、

部屋やものの整理をするという単なる作業のなかで
あれこれ思い出し 感じ 考え 向き合う
そんなことが自分のなかでできるなんて

感謝したいね 今まで積み上げてきたその道に
出逢ってきたひとやものや 世界たちに

2011/03/09 21:24 by mirumoira
るみたん☆

ありがとう。
あなたに褒められると、
ほんまに素晴らしいような気が して嬉しい 笑

大事にしたいね。
いつも、いつまでも。
2011/03/10 00:15 by ばなななセブン
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/180
トラックバック