CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< 2010年、紅葉のとき | TOP | Ein neues Jahr! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
12月12日、バスターズの夜は熱く。


やっぱり記憶は新しいうちに書き留めておきたい。
というわけで、二度目のなんばHatchは ちょうど一年ぶりの the Pillows 
すっかりピロウズ仲間の友人と、またまた行ってきました
一年も間あいてたんかーーー と振り返って改めて この一年の早さに気づく。
12月ですね。 2010年もおしまいです

今回も半分くらい知らない曲。 さすが20年超えてるバンドやなぁーー
ファン歴の浅い私には、まだまだ知らないピロウズの世界があるわけだ。

今回のLIVEは, 新曲の "MOVEMENT" を引っさげての Tour だったわけだけど、
個人的にはすっかり4曲目の "彼女は今日、" に心奪われ
透き通ったさわおさんの声と、ちょっぴり切ない不思議な詩を持つこの曲。
後で知ったところによると、9曲目のシングルでありまた、ピロウズの方向性を確立したともいう、
名盤 Please, Mr.Lostman に収録されているそう。 
もう10年以上前なんて!
(というわけで日常に舞い戻ってから、エンドレスにyou tubeでリピート中 笑)

それにしてもやっぱり、 生 で聴くっていいねー
ほんとに、足を運ぶたびに 好きな曲が増え、ますますファンになりつつあります。

もうひとつかんなり印象的だった "Sleepy Head" はこれ、ギター格好良すぎでしょう
こんな曲こそLIVEで聴く甲斐がある気がするわっ 

相変わらずクールでキレキレの MC と 年齢を感じないステージ・・・ 
どうもさわおさんの "ブラジャー" 笑 の調子が悪かったために何度か中断したものの、
予定外の Funny Bunny もファンとしては嬉しさ倍増で
例によって会場は大合唱で盛り上がり。

      キミの夢がかなうのは 誰かのおかげじゃないぜ
      風の強い日を選んで 走ってきた

      飛べなくても 不安じゃない
      地面は つづいているんだ
      好きな場所へ行こう キミなら それができる


二度目のアンコールにこたえて出てきたラストには、
「欲しがりやがって このやろう」 とな・・・
どんだけかっこいいんだ
でもさわおさんの言葉って媚びてなくて、しかも愛情こもりまくってて、
だからみんなキュンキュンするんだなー 男女問わず 笑
ピロウズは男の子の方がファンが多い気がするけど、わかる気がする。
同性に好かれそうなかっこよさ。

ちなみに今回、初のバスターくんキーホルダーget しました
(※バスターくんはピロウズのマスコットキャラ(熊))
わーい

というわけで、モチロン4月のアルバムツアーも行くでっ
あーー、胸いっぱい


アウイエー?





には見せないその笑顔は
なんて美しく可憐なんだ
時を忘れて
不思議な引力に しびれていた
僕とさっきまで そばにいたんだ
彼女は今日、



posted by ばなななセブン | 23:53 | おぼえがき | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 23:53 | - | - | - |
コメント
大阪もすばらしかったようだね!

ピロウズを知って早10年になる自分でも、
昔の曲は全然色褪せて感じない。
ライブでもっと輝くって感じ。
Please, Mr.Lostmanには、名曲がほかにもあるので、
ぜひ聴いてみてv
来年のアルバムツアーは大阪も行きたいb
2010/12/15 20:11 by 舜
舜くん☆

名古屋レビュー読んだよv
そして音源、getした!
アルバム通して透明感のある曲が多いね〜〜
とある人の声とかぶるの私だけっ?
大阪、来い来い〜 ♪( ´▽`)
都合つきますよーに!
2010/12/16 19:03 by ばなななセブン
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/176
トラックバック