CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
<< 夏の思い出 その2 | TOP | イロトリドリノセカイ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ten years

“10年ぶり、28歳になった彼女と涙の再会をしたの”
久しぶりに会う席で、その人はキラキラした瞳でそう語ってくれた。

10年前、ボランティアで受け入れたオーストラリアからの留学生。
目一杯けんかして、彼女が帰国したときは、彼女の使っていたお皿をしまいこんでしまうほど、
顔を見るのも嫌になっていたから、せいせいした気分だった。

だけど10年越しに日本を訪れ、再会を果たした彼女は、
“ママ ごめんなさい あのときの私 ひどかったね” と
かつての自らのふるまいを泣いて謝ったそう。

当時、彼女にとっての“ママ”だったその人は、「お互いに子どもだったのね」と言って笑った。

振り返ってみれば短いようで、10年とはなんて長い時間やろう。
笑ってすべて“ちゃら”にしてしまえるには、それほどの時間がかかるのだ。
でもその10年が、その人の人生をより深く豊かにしてくれたと想像する。

懸命に向き合っては衝突し、自らの選択や善意を疑うような瞬間が、
ひょっとしたらあったかもしれない。
自分の一生懸命は、いつも相手に伝わるとは限らないし、
相手の過ちや未熟さをすべて許容できるほど 人はいつも完璧ではない。
間違ったり、悔いたり、許したり、同じように許されたり、
全力であればあるほど そんなことの繰り返しで。

学生時代の大半、寝る間を惜しんで奔走し、時間を費やした活動を通じて、
何かできただろうかと問い、何もできなかったような気もし、
それでもきっと意味あることと頭を悩ませていた日々。

その人の再会の逸話を聞いて胸がつまり、
勝手にも少し救われたような気がした。

こうして顔をあわせてみれば、抱えている問題は浮上し、悩みは尽きない。
だけどこれまで何十年と続き、その思いを引き継ぐ人がいるからこそ、
活動は続いていく。
現役を離れ、形は変わっても、いつもどこにいても、
ひとりの“peace maker”でありたい。

10年後、懸命に向き合う「今」を振り返り、私たち何を思うんだろう。

活動の枠を超えて今もおつき合いを続けている社会の大先輩方、
初めてお会いした現役の社会人・学生ボランティアの方々、同世代で活動していた仲間たち。
素敵な時間を共有させてくださって本当にありがとうございました!






posted by ばなななセブン | 08:43 | 優しい追憶 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 08:43 | - | - | - |
コメント
かよちんが素敵な場所を設けてくれたから、わたしたち素敵な時間を過ごせたんだよ。

ありがとうね。

10年という年月が優しくも、無情にも全てを流していったとしても、そこに残って輝くものは輝くんだね。

わたしも彼女と同じように、ファミリーとケンカをして帰ってきちゃったからいつかちゃんとあの時の気持ちを話せたらなって思う。

そういう時期がもうすく近づいてきているように思う。
あと2年で、わたしも留学時代から10年経つわ。
2010/09/17 22:33 by ぴ
ぴでこ☆

ありがとう。

過ぎた時間をこうやって振り返るのも悪くないね。
いつもいつも、学ぶことばかり。

ぴでこの10年が糧となり、また新しく“再会”できることを願ってるよ。
2010/10/05 22:06 by ばなななセブン
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://banananaseven.jugem.jp/trackback/167
トラックバック