CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


Wo ein Wille ist, da ist auch ein Weg.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
ハナレグミ。
友達にお誘いうけて、ハナレグミのTOUR "オアシス"@梅田芸術劇場へ
ソウルフルでパワフルな歌声と 奏でられるギターの音色、
引き込まれた2時間強のステージは、あっという間だった。

最新のアルバム曲ではないのだけれど、印象に残った「光と影」という曲のこと。
you tube で何度か聴いていたんだけれど、

"光の先の闇を見に行こう"

という、孤独と対峙するようなそのフレーズがとても心に響いて。

当時、秋葉原の事件があったり、
SUPER BUTTER DOG の解散が決まったりして、という状況の中で、
"今を切り抜けるためには 闇を見つめ続けること が必要なのだ"
という思いを、自分に対して歌ったのだということを後で、知った。
闇の向こうに光があると 力強く信じる想いも。

MCで震災のことを話していて、それはとても象徴的で、
ああ、「今」や「社会」や「自分」や、それらを写すものが、
ミュージシャンにとって音楽なんだなと改めて、思った。

様々な場所で 様々なひとが 痛みを抱き 時に途方に暮れ、
そこから感じたり 新しく発見したりしながら 進んでいるんだな。

ああ、 いつになれば思い出は、 泣かずに言葉にできる日がくるんだろう?
なんてただただ、ため息が出るような気持ちになったり。

表現される "アーティスト" 永積タカシとそのバンドの奏でる音楽に、
これだけ多くの人が集まり、何かを受け取ったり、感じたり、共鳴したりしている。
そのことにもただ純粋に感動した。

胸いっぱい。

ちょうど聴きたい!と思ったタイミングでまだまだ知らないハナレグミ。
タイトルもわからない、なのに心打つ音楽がそこにはあって。


あー 何だか今日は、やたら涙もろくてたまらない。


 

 あの日僕ら ケモノみたいに抱き合った
 玄関閉め キスして 孤独をぶつけて 火の玉になった
 その先に痛みがあろうと
 不安で胸が張り裂けようと
 今を薄めたくなんてなかった 深く刻みたいと思った

 いつだって その輝きに
 真っすぐに 熱くなれたら
 なんにだってなれるぜ どこへだって行けるんだぜ

 だれでもない どこにもないぜ
 君だけの光と影
 光の先の闇を見に行こう
 光と影


 光と影/ハナレグミ


posted by ばなななセブン | 01:21 | 花鳥風月・今日という日 | comments(2) | trackbacks(0) |
2012、ことはじめ。
“プライベートで、苦手なことに挑戦する機会ってあまりないでしょ。
 だから1年にひとつくらい、苦手なことを自らやる”
学生時代の友人の言葉に刺激を受けて、ランニングを始めた昨年、秋。
かつての私は、走ることが本当に苦手だった。

幼い頃、ひどい喘息持ちだった私は、発作を起こしては救急病院へよく走った。
ドクターストップで学校の長距離走なんかも走れたことがないし、
すっかり治ったつもりでいた大学時代にも、研修旅行中の異国で発作を起こして入院したりした。
加えて19歳のとき、腰のヘルニア、腰椎分離症で入院、
腰部を20センチ切って、7本のボルトを入れるという大手術をした。
コルセットをしないと歩くのもつらかったり、体を酷使して病院へ倒れこんだこともあった。
きっと完治、ということはないのだと思う。

そうしていつの間にか、あきらめることに慣れてしまっていた。
そんな私を変えてくれたのが、登山だった。
絶対今日だけは弱音を吐かないと、誓って登った山で、
限界は、自分の心がつくりだした幻だと思った。
やり遂げたことで芽生えた小さな自信は、昨年の富士山やアルプス山行でまた少し強くなった。
なんでもやってみよう、そう思えるようになった。

今でも走ると喘鳴がして、10回走れば9回は薬を使わないとおさまらない。
だけどそれでいいと思えるようになった。
スポーツタイツがなければ、登山もランニングもとても無理そうだ。
だけどそんな体と、つきあいながらやっていけばいいんじゃないかって、思えるようになった。
誰と競争するわけでもない、自分自身との闘いなのだから。

仕事始めから3日後、上司やそのご友人、同僚と一緒に小さなマラソン大会に出た。
たった3kmだったけれど、高低差のある山を走る “クロスカントリー” を走り終えたとき、
しんどさと共になんともいえない爽快感が残った。
“休みの日に、わざわざこんなしんどいことするのもいいな” と、笑いあった。

数日後すぐに、次の課題として10kmマラソンへのエントリーを決めた。
声をかけてみると、3人の仲間がやりたいと声をあげてくれた。
そうやって前向きな気持ちでチャレンジすることを決めると、楽しくなってくる。
無理はしない。でもこのしんどさを乗り切れば、また一歩なりたい自分に近づける気がする。

2012年は、マラソン大会元年。

走る、走る、走る。


posted by ばなななセブン | 21:00 | 花鳥風月・今日という日 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の雨の夜に寄せて

  


ありのままの自分でいいんだと、
背筋伸ばされるような気持ちで、
雨降る夜の京都を後にした。

貴女とは、お互いがおじーちゃんおばーちゃんになってもつきあってる気がする。
学生の頃、そう言ってもらった言葉を覚えてる。

爽やかで気持ちいいと高い評価を受ける先輩の、働く姿を見ていた学生時代。
耳を傾けたい、と思っている自分がいた。
できる、と自分を信じてそのチカラを伸ばしてくれる人だった。

人のつながりを大切にする姿勢とそこから新しく生み出していくチカラ。
変わらないなーと、久しぶりに会って再認識した。

会えて良かった。

ありがとう、今日という日。

posted by ばなななセブン | 22:37 | 花鳥風月・今日という日 | comments(0) | trackbacks(0) |
夢のBike Life♪

 そうそう、念願の“マイバイク”を、ようやく手に入れたのですねー
免許をとって早1年・・・ 買う気ないやろー? とか周りに言われつつ・・・
散々悩んで決めた一台は カワサキ・エストレヤ
もともとカワサキやSUZUKIにいいなぁ、と思うバイクが多くて、悩みに悩んでいたのだけれど。

アメリカンに憧れ、スポーツタイプに憧れ、
でももうちょいカジュアルに乗りたい!
と思いこの子にたどり着きました
まぁ車検のない250ccと決めていたので、選択肢も限られていたんだけど。

車も買えちゃう値段のわりに、超個人的な嗜好品。
だけど夢だったバイクにどうしても乗りたい!
でもド素人だし・・・
ということで、免許取得のときも後押ししてくれた父親をひっぱり出して、バイク屋めぐり。
(祖父が京都でモータースをやってこともあり、実は結構バイク通&メカいじりが好きな父)

インターネットでめぼしをつけておいたところ、以前にひとりで見ていたところ、
パタパタ走り回り・・・ やっぱりコレ!ってピンとくるものがあるんですねー
中古だけど手入れが行き届いていて、ボディもピカピカ
前のライダーもわかっているし、カワサキのディーラーだし、アリでしょう、と。
仕様は最新じゃないし、色もブラックで男の子のようですが・・・
クラシックなフォルムが気に入って決めました
シングルシートなのがまたかっこいいんだなぁ(バカ)

バイクを買う前、
「そろそろ買うわ!」と決心の電話をしたところ、
母は当然ながら、反対はしない父親も心配なようで。
母と話している電話の向こう側で、
「気つけるんやでー!なんやかんや言うても、あんたは猿の子やない、わしらの子なんやからー!」
とわーわー騒いでおりました。
彼はバイクより最近もっぱらロードバイクにゾッコン・・・
くすぐったいけど、ありがたい言葉を胸に。

乗り始めて1ヶ月、既に休みのたびにウズウズのバイクバカですが、
大事に乗ってゆこうと思います



行きつけのカフェ@京都にも、コーヒー飲みにひとっ走り

posted by ばなななセブン | 21:46 | 花鳥風月・今日という日 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年、紅葉のとき


京都の秋にはやっぱり、 “紅葉(もみじ)” が似合う。 







posted by ばなななセブン | 15:15 | 花鳥風月・今日という日 | comments(0) | trackbacks(0) |
秋の奥びわこガールズキャンプ♪

いろんな人に、「寒いで〜」「無謀やろ〜」と諭されながら、またまた行ってきました秋キャンプ
夏からすっかりキャンプの虜な私たちに、先日ひょんな出会いから意気投合した新メンバーが加わり、
今回は偶然にも 全員27歳4人のガールズキャンプ
金曜の夜から我が家にお泊まりして、朝イチ 張り切って車を走らせること約4時間。
滋賀県は琵琶湖の北側に位置する、ファイブオーシャン奥琵琶湖キャンプ場

今回のキャンプ場は、“直火OK” しかも “薪は無料でご自由にどうぞ” が決め手
そう、キャンプといえば・・・ の、「焚火」がしたかったんです
(でもこれが後ほど 最も大変なイベントに・・・)

到着したキャンプ場は、広々とした林間を利用した 素晴らしいロケーションで、
一面に色づいた 落ち葉、落ち葉、落ち葉・・・
ため息が出るほど美しい木々と澄んだ空気、晴天に恵まれ しょっぱなからテンションが上がる




秋の利用者は少ないので、管理人さんからは「どこでも自由に使っていいよ〜」とのお言葉。
ぐるっと一周して テント・タープ・食事・焚火をイメージ。
十分すぎるほどのスペースをちゃっかり確保して、設営スタートから数十分、
うちらのホームができましたっ



設営もこなれたもんです。
今回は初タープも広げてみたりして、キャンプモード全開
すっかり大はしゃぎの27歳 笑



他のキャンパーさんとこから遊びに来たわんちゃんと戯れたり・・・



夜に向けて焚火の準備をしたり・・・



ご飯をつくる工程なんかも とにかくいちいち楽しい



秋の夜は更けてランタンに火を灯し、



夜は念願の焚火

実はこの焚火が今回の一番の難題で、当初 軽〜い気持ちで簡単に火をおこせるつもりでいた私たち。
2つの着火マンが使い物にならず、着火剤を持参し忘れ、夜は更けてゆくばかり・・・
管理人さんも帰っておらず、アイデアも尽き、悩んだ末に焚火を楽しむ他のキャンパーさんの元へ。

親子3人で来ていたご家族に、おそるおそる
「あの・・・焚火がつかなくって、良かったら火種をわけてもらえませんか・・・・」 とお願いしてみる。
女の子たちだけでキャンプ?! そら大変やわ。
とわけていただいた貴重な薪を持ち帰り、奮闘すること小一時間。

落ち葉、小枝、薪・・・に至るまでには相当の時間と労力を費やしたものの、
ついに燃え盛る炎を 手にしたのでした
どうも前日の雨で薪がしめっていたせいもあり、一筋縄ではいかなかったよう。

なんとしてでも成功させなければ・・・と必死になってた私たち、今振り返ると笑えるけど、
火が ボオッ と立ち上った瞬間なんか結構な感動もので、涙出そうでした
焚火を囲んで今年初のボジョレーで乾杯
カマンベールをまるごと炙って “ハイジのチーズフォンデュ” なんかしたりして。

ものすご〜く 寒さを恐れて、完璧なまでの防寒対策で挑んだ秋キャンプは、
焚火を熾す労働と 炎の強さで 予想外の 「熱い、暑い」 を連発。

お風呂上り、ヒートテックの重ね着にセーター、フリース、ダウンで着ぶくれ、
タイツやら靴下やら重ね履きした上に フリースのトレパン履いて、
3人用のテントに並べた毛布入り寝袋に、4人それぞれもぐりこんだところ、暑すぎて笑い止まらず。
心配して足元に薄い羽毛布団までかけて寝たけれど、最後はみんなダウンも脱ぎ、
朝起きたら、テントはうちらの熱気で結露してました・・
でも備えあれば憂いなし!某大型衣料店には、まわし者かというほどみんなお世話になり
おかげで秋の一夜も寒さを感じず快適

ちなみに今回は、初日のお昼、ティータイム、夜ご飯、翌日のブランチと、食い倒れキャンプでした
ご馳走メニューをお披露目すると・・・



ランチのお手軽パスタは 生ハムとミニアスパラのペペロンチーノ  
ドリンクに、今お気に入りの “お酢ドリンク 「梅ごこち」 牛乳割り” @城崎土産 を持参。
お酢と牛乳あわせると固まるって知ってた??
飲むヨーグルトのような感動的な美味しさなんよっ



夜は具だくさんのトマト鍋でほっこり温まり、しめにはご飯とチーズを加えてリゾットを楽しみ
道中に道の駅でgetした、新鮮なサラダ菜とベビーリーフはシンプルなサラダに。



朝も下ごしらえした材料でこんなカラフルなサラダ



つまようじは忘れたので、木の枝を洗って代用
まさにアウトドアならでは。



土鍋でご飯を炊き・・・



豚汁をことこと煮込み・・・



いただきものの柿なんかもカットして 色鮮やかな食卓
空気の冷たさもふきとばす 豚汁のそれはおいしいこと・・・!

毎度 心底 思うけど、外で食べるご飯は格別
普段の食事からは想像できないくらい、たくさんの品目の素材をいただきました。

キャンプで食事をするとつくづく、人は食べるために日々生きていたんやろうなぁって気づく。
つくり、食べて、片付けて一休みし体を動かしてまた次の準備にかかる・・・というサイクル。
食べることのありがたみや、無駄にしない心持ち、都会の便利さから少し離れるだけで、
足りないものを工夫する心が生まれるから不思議なもの。
太陽の動きや星の瞬き、自然をすぐそばに感じながら時間を過ごすことの心地よさ
便利になったことで人が得たものは多いけれど、根本にあるのは実はとてもシンプルで、
もちろん火だってガスコンロ持参だし、お風呂だって欠かせないけど、
無理しないレベルでお金もかけずに自然を満喫できるのが、キャンプの楽しみなんやろうなぁ
心配していたクマも出ず、ひと安心。(サルは行き帰りの車道で見かけたけど)

次は春かな〜

ダッチオーブンでパンも焼いてみたいし、
スラックラインとか リバーカヤックなんかも盛りこみたい

ううーん。 まだまだ やめられそうにありません

みなさんもぜひっ。
キャンプへ行きましょうっ





ちょっと遠いけど、このロケーションはまた来たいっ
色づいた葉の落ちる音が、耳に確かに聞こえるほどの静けさと美しさに酔いしれた秋日和





posted by ばなななセブン | 23:04 | 花鳥風月・今日という日 | comments(2) | trackbacks(0) |
ボボティ × アマトリチャーナ
久々に集まろう!とお誘いかけて、学生時代の友人たちとホームパーティ
昨年はタコスを皮からつくる「タコスパーティ」だったので、今年は何にしようかな〜と悩んだ結果、
ワールドカップにちなんで、南アフリカ料理「ボボティ」に挑戦
しかしながらーーーー 1週間前に試作したボボティは、正直口にあわなくて、ちょこっとアレンジ。





砂糖&ドライフルーツはなしで、具材にはじゃがいももプラスしてみましたっ
写真、左奥のが「ボボティ風」 笑
他、ニース風サラダ・水菜とみょうがの和風サラダ・マッシュルームとえびのマリネ・
生ハムときゅうりとチーズのピンチョスなど。

この日、イタリアから日本に来ている留学時代の友人も参戦。
彼の地元ローマの代表的なパスタ料理 “アマトリチャーナ” をつくってくれました
ちょっぴり塩気が強かったけど、濃厚なトマトソースに一同絶賛
すご〜く美味しかった

で、すごーく気になって後で調べてみました。
トマトソースに玉ねぎやベーコン(本来はグァンチャーレ)を加えたパスタソースで、
ペコリーノ・ロマーノというローマ近郊で作られているチーズ(羊)を使うのが特徴

色んなレシピがあって、きっと元祖はこれっていうのがあると思うけど、
要は美味しいかどうか ってトコだと思うので、アレンジしつつ自分のものにしたいな〜って思った





集合がばらばらだったので全員写真がないけど、みんなありがと
またやりましょ〜〜





posted by ばなななセブン | 19:04 | 花鳥風月・今日という日 | comments(2) | trackbacks(0) |
6月の彩り



見渡す限り、カラフルなアジサイワールド。
6月、両親と共に初めて宇治・三室戸寺へ。
雨の恵みを受けて咲き誇る、色とりどりのアジサイが、あまりにきれいだったので紹介





ガクアジサイ(額紫陽花)好きだな〜 
咲きかけじゃなくてこういう品種なんです。



白いアジサイもきれい 



グラデーションなのは、途中で色が変化したせい




ついに発見
新聞で紹介されたっていうハートのアジサイはこれかしら?


三室戸寺には、50種10000株のアジサイがあるらしく、
この日も降ったり止んだりの雨天にも関わらず大賑わいでした。
山を背に拓かれたお寺なので、緑いっぱいの癒しスポット。


アジサイは日に日に色が変わるので七変化が楽しめるそう。
憂鬱な雨の季節に、潤いを与えてくれる。
アジサイ寺とも呼ばれるという三室戸寺、ぜひ足を運んでみてね
(ちなみにこのお寺、広大な敷地に四季折々の花が見られるので、「花の寺」って呼ばれているそう)



-オマケ-



本堂前の蓮園。
蓮の見ごろは7~8月らしく、この日は2つだけ。
蓮、好きなのでまた見に行きたいな



posted by ばなななセブン | 19:02 | 花鳥風月・今日という日 | comments(4) | trackbacks(0) |
待ち遠しい春☆










小粒だけど、特価の苺見つけて思わず購入
バナナも桃もマンゴーも、ダメやけど、このこは好き!
待ち遠しい春を思いつついただきます





posted by ばなななセブン | 22:22 | 花鳥風月・今日という日 | comments(0) | trackbacks(0) |
着物で京都2009

お待たせしました(?)近況報告。
行ってきました今年も “着物で京都”


嵐山渡月橋以北/桂川の東側より色づく対岸の山々を臨む

芸がなくても、毎年やっぱり京都の紅葉を見たくなる。
秋が一番、一年の中で好きなんです、私。


  
南禅寺山門前/燃えるような赤に魅せられる人々

今年は嵐山と左京を巡り、両日共に着物でおでかけ
“着物で京都” は毎年恒例なんやけど、今年はチャンスあって二週も続いて着物着て、
やっぱりそろそろ本気で、着付け習わなきゃー と思った
別に高尚な趣味でもなんでもありません。
これはもう、血筋やなぁ。

今年は自前のだけじゃなくて貸し衣装も初体験。
いつも総柄の小紋がほとんどなので、白無地の着物は新鮮でした。
※昨年ばったり再会した高校時代の後輩が着物屋さんで働いていて、お世話になりました。
レンタルできるので興味がある人は↓利用してみてね (男物もアリ)
  kimono*itoshiki    http://www.itoshiki.jp/index.html



いつもの散歩道、哲学の道

法然院/佇まいが美しい茅葺の山門(住職の公開説法が面白い)

嵐山は常寂光寺、左京はやっぱり真如堂がよかったかな。
広々とした南禅寺(あの水路閣は私が京都で好きな建築物のひとつ!)では
初めて山門に上がり、石川五右衛門のごとく「絶景かな」と。
若者が着物着てるもんやから、なんかの撮影隊に映像撮られたり、
アマチュアカメラマンのおっちゃんたちのモデルになったり(笑)スターの気分でした♪
今年は割と定番コースやったけど、
行きたかった源光庵や大原三千院も、いつかそのうち・・・。
ということで、まだまだ続く京都巡り。

来年も “そうだ京都、行こう”



真如堂/知る人ぞ知る名所(近年は人増えましたが)



色づく紅葉を愛でるワタシ


posted by | 21:56 | 花鳥風月・今日という日 | comments(2) | trackbacks(0) |